2010年04月30日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回はパイン材でのテレビ台でしたが、今回はバーベキューコンロに着脱できるオールステンレスの鮎焼き台を作ってみました。

材料は、1センチ幅のL型2本、2センチ幅のL型2本、直径7ミリのパイプ2本、0.3ミリ厚のステン板1枚、その他(ボルト、蝶ネジ、針金など)
材料1
材料2
まずは、バーベキューコンロにぴったり乗せられるように下枠をL型(小)を切断、溶接して作ります。
はじめは45度ずつ角度をとったのですが、溶接が下手なのでうまくいかず、結局かぶせて溶接しました。
下枠
L型(大)にパイプを針金でくくります。溶接の予定でしたが失敗しました。
穴あけはステン用の刃を買って、ドリルであけました。これが一番大変でした。
パイプ取り付け
ボルトの頭を切ったのを溶接して、接続部をサンダーで加工し、蝶ネジで止めてできあがり。
完成
完成2
真ん中の炭を入れるところは0.3ミリのステン板を切って曲げただけです。
角度もちゃんと変えられるように作りました。

デビューは5月2日から5日、行方市物産販売所こいこいにて、みなさん来てくださいね。
スポンサーサイト

 | Copyright © なまず屋-blog- All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。